右肩が下がる方の特徴とは?

よく右肩が下がる人がいます。

自分でも右肩が下がっていることを意識している方もいらっしゃれば、無意識の方もおられます。

 

 

今回の記事では、このことについて触れていこうと思います。

 

右肩が下がる理由

 

なぜ右肩が下がるのでしょうか?

一番の理由は「右側をよく使っているから」です。

世の中の人の大半は右利きです。

よって右側を使うケースが多いのです。

かといって右手・右腕だけとは限りません。

右目、右の奥歯、右肩など身体で右を使う部分はたくさんあります。

 

特に野球少年を見ると一目瞭然です。

整骨院にご来院している野球少年に「気をつけ」をさせると、たいてい右肩が下がっています。

それは右側を酷使しているからです。

 

 

なぜ右側を使うと右肩が下がるのか?

マウスを使うとき、できるだけ身体の軸に近い位置で使用すること

 

ではなぜ右側を使うと右肩が下がるのでしょうか?

ここでは右腕に限定してお伝えします。

 

右腕を使うとき、身体の近くで使う人もいれば、

身体の軸から離れたところで使う方もいらっしゃいます。

分かりやすいこととして、PCを使うときのマウスの位置が挙げられます。

写真をご覧頂くと、マウスの位置が身体の軸から右側に離れているのが分かると思います。

そうすると身体は右側に引っ張られ、必然と右肩が下がるわけです。

 

また荷物を右側だけで持つこと、右肩にかけることも同様に働くと考えられます。

 

 

右肩が下がっている方は、

身体の中で何が起きているのか?

 

右肩が下がる動作については前出の内容で分かったと思います。

では右肩が下がっている方は身体の中では何が起きているのでしょうか?

 

大きく分けて3つあります。

 

1、上腕骨が下方に移動している

バレーボールなど右肩の酷使で、肩関節が緩くなってしまうことがある

 

まずはマイナーなところからお伝えしますが、たまに肩関節が緩く、

上腕骨が下がっているケースもあります。

よって肩が下がって見えるのです。

以前、某元日本代表のバレーボールの選手がテレビに出ていたときに、

「私の右肩こんななんですよ!」と言って肩の緩さを見せてくれたことがあるのですが、

明らかに右肩が下がっていました。

 

2、肩甲骨が下がっている

肩甲骨の位置で右肩が下がって見えることもある

 

左右の肩甲骨を比較すると、左に比べて右側が下がっているケースがあります。

肩甲骨を支える僧帽筋や肩甲挙筋が左側に比べて伸びていると、この現象が起こります。

ただまれに「右肩が落ちているのでなく、左肩が上がっている」こともあるので、

筋肉の張り等も診ていく必要があります。

 

3、背骨が右側に傾いている、曲がっている

全体的に右側に傾いている

 

実は一番多いのが、この「背骨が右側に傾いている、もしくは右側に曲がっている」

というケースです。

背骨は右側に傾くケースが多いのです。

特にこちらの写真を診ると、右肩が下がりつつ、頭が右側にスライドしているのが分かります。

肩甲骨だけを触ると「右側の肩甲骨が落ちている」と判断しがちですが、

背骨をしっかり診ると、「そもそも右側に傾いている」ということが分かるのです。

 

 

どうすれば治るのか?

 

こういうアンバランスは肩こりや腰痛、頭痛などの症状が出やすくなります。

よって私たち施術者もこの部分から改善していくように施術を行ないます。

 

その中で私たちがこの「右肩下がり」を治すために考えていることを3つご提案します。

 

1、現状を把握する

自分の状態を把握することが最優先

 

今どんな姿勢をしているのか、これをご自身が把握することから始めます。

毎回ご来院の際に施術を行ないますが、今どんな状態なのか、

鏡を見ながら把握して頂きます。

そうすることで、毎回鏡を見るたびに自分の姿勢をチェックできます。

ご自身での意識はとても大切なことです。

 

2、施術をこまめに行なう

施術をこまめに受けて、細かいゆがみを取り除く

 

施術は絶対に必要です。理由は自分の背中は自分では見れないからです。

治療家に実際に背中を見てもらい、正しい位置に治してもらうのが理想です。

また細かいゆがみやねじれなどは、自分ではわかりませんし、ましては治せません。

 

施術の頻度は、理想は週1回です。

施術をしても自分のクセが残っているので、またすぐ元の右肩下がりの姿勢に戻りやすいからです。

ただ慣れてくると悪い姿勢に戻りづらくなります。

 

3、右側だけでなく左側も使う

右だけではなく、使えるときは左も使う

 

右側だけでなく左側も使うのです。

よくダルビッシュ投手が左でもキャッチボールをするように、左右両方使うのです。

私も車の運転は左で行なうようにしています。

右では字を書けないけど、こういうことは左でやろう、ということを作っておくと良いと思います。

 

 

まとめ

見た目を気にする方もいると思いますが、こういうちょっとした姿勢不良は肩こりや腰痛などの原因になります。またこのちょっとした蓄積の繰り返しが、だんだん身体を悪い方向に導くのです。

しかしここで述べたように、こういう原因や対策が分かればしっかり治すことが可能です。

このパターンは、しっかり継続すれば最短2ヶ月ほどでよくなります。

 

ぜひトライしてみて下さい!!

 

関連記事

肩の高さが違う!「左肩が下がる」の場合