あなたは、『正中認知障害』を知っていますか?

皆さん、明けましておめでとうございます。

 

新年をいかがお過ごしでしょうか?

本年も宜しくお願い致します!

%e9%85%89

 

さて今回お話したいのは、『正中認知障害』についてです。

 

なかなか聞かない言葉ですよね。

 

もしかしたら聞いたことがない方の方が多いのではないでしょうか?

 

正中認知障害とは、簡単に言うと『真っすぐがわからない』というものです。

%ef%bc%9f

真っ直ぐが分からない?と思う方も多いかもしれませんが、猫背や歪みを治すのに大事な考え方なのです。

 

今回は、その重要性について書いていきます。

 

正中認知障害とは?

先ほども書いた通り正中認知障害とは、真っ直ぐが分からないというものです。

 

実は、正常な人間でも右に2°傾くと言われています。

 

下の写真の左は真っ直ぐ立ってもらったもので、右は真っ直ぐに治したものです。

分かりづらいかもしれませんが、肩の高さと真ん中の線から肩の長さが違います。

       %e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%9f%e3%80%80%e5%a7%bf%e5%8b%a2%e6%82%aa2      %e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%9f%e3%80%80%e5%a7%bf%e5%8b%a2%e8%89%af%e3%81%842  

 

それが姿勢の悪い方、片方ばかり使う方、いつもテレビを見る時に右を向いている方などはもっと傾きます。

そうして真っ直ぐが分からなかったり、ずれたりしてしまうのです。

 

では、なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか?

 

先ほど書いた通り正常な人でも2°傾くのですが、人は感覚で生きてしますからです!

 

皆さんは、真っ直ぐ立てと言われたらどのように立ちますか?

 

当然、真っ直ぐ立ちますが『その真っすぐ』はご自身の感覚ですよね。

 

その感覚がずれてしまっているのです!

 

脳は高性能ですが、錯覚というものを起こすくらいなので完ぺきではありません。

 

実際、猫背矯正では実際の真っすぐを知って頂く手技がありますが、必ず皆さんズレます。

 

そのズレが歪みや凝りにつなげっていきます。

 

なので、これを治す必要があります。

 

では、次にその治し方についてです。

 

正中認知障害の治し方

①真っ直ぐを知る

 

当然、本当の真っすぐが分からないと治しようがないので、施術を受けていただき真っ直ぐを知ってください。

 

②鏡を見るたびにチェック

%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%9f%e3%80%80%e9%8f%a1

真っ直ぐが分かってもまた感覚でやっていては駄目です。

 

客観的に見てしっかり真っ直ぐを意識しましょう。

 

③両側を同じように使う

 

先ほども書いたっとり片方ばかりを使うと傾きが強くなります。

 

なので、しっかり両方使います。

 

以上です。

 

これを日常的に行って頂くだけで猫背の改善も変わってきます。

 

また、今回を機に自分の凝りが治らない原因がコレかもしれないと思った方はいつでもお待ちしてます。

banar-net-yoko