『形状記憶理論』姿勢が戻ってしまう原因はココにあり!

日差しは気持ち良いですが、寒さが厳しい日が続いていますね。

 

皆さん体調はいかがでしょうか?

 

まだまだインフルエンザや風邪の流行は続いているみたいなので、皆さん気を付けて下さいね。

 

さて、今回は猫背を治す時に重要な『形状記憶理論』について書いていきます。

 

皆さんは、形状記憶理論をご存知ですか?

 

形状記憶理論とは、『元の状態に戻ろうとする力』の事です。

潰れたボールが元に戻るのをイメージして頂ければ分かりやすいのではないでしょうか。

 

実は、この理論が猫背を治すうえで重要になってきます。

なので、今回この理論にについて書いていきたいと思います。

 

猫背と形状記憶

先ほど、形状記憶理論とは元に戻ろうとする力だと書きましたが、猫背矯正に当てはめるとこうなります。

 

『人は皆、元の悪い状態に戻ろうとする』

 

猫背の人は、普段からの姿勢の乱れがあり身体に負担がかかります。

それに適応しようとして身体が猫背仕様になってしまいます。

 

そして、猫背でいる事が楽な姿勢になり普段から猫背になってしまうのです。

 

なので、施術をしても戻ってしまいます!

 

その為にセルフケアを患者さんに行なって頂きます!

施術によって良い姿勢をつくりセルフケアでその状態を維持して頂くのです。

 

前にも書きましたが、細胞は3ヶ月で生まれ変わると言われています。

施術を週1回3ヶ月、毎日のセルフケアを行なって頂ければ姿勢が良くなっていくというのは、この形状記憶を上塗りするためなのです。

 

皆さんもこの機会に猫背を治してみませんか?

ご興味のある方は、のびのび健康教室特別篇に参加して頂きどのように猫背を治していくのか聞いてみて下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ご好評の小林 篤史初の書籍『ねこ背は10秒で治せる!』

お陰様で第3刷の重版が決まり、amazonでも品切れの状態だそうです。

 

宮前平近辺だと

 

◎KaBoS(勝木書店)・宮前平店

◎住吉書房・宮崎台店

◎くまざわ書店・鷺沼店

◎有隣堂・たまプラーザテラス店

◎文教堂・溝の口本店

◎文教堂・溝の口駅前店

◎宮前まちの整骨院

 

で販売しております。

                               ※写真は八重洲Bookセンター

ぜひお手に取ってみてください。