「ねこ背は10秒で治せる!」小林篤史/まず骨盤から

宮前まちの整骨院代表である小林篤史の著書、「ねこ背は10秒で治せる!」(マキノ出版)

少し内容に触れていきたいと思います。

 

ねこ背を治すために一番始めに行なうことは、骨盤を整えること

ねこ背を治すには、まず骨盤を整えること

皆さん、ねこ背というとどうやって治すのかイメージが湧きますか?たいてい背すじを伸ばしたり、肩甲骨を寄せたりする方が多いのではないでしょうか?

 

私たち施術スタッフ全員とも「猫背矯正マイスター®」の資格を持っているのですが、ねこ背を治す考え方としてまず「ねこ背は骨盤からアプローチする」というものがあります。骨盤は身体の土台です。この土台が傾いたり歪んだりしていたら、どうなるでしょうか?上体が安定しないのです。よっていくら背中を整えても、またすぐ元の悪い状態に戻ってしまいます。

 

よって骨盤がしっかり土台になる必要があるのです。

 

 

「骨盤を整える」ってどういうこと?

骨盤は「立てる」こと

 

では骨盤を整えるってどういうことだかお分かりになりますか?よく骨盤バンドやベルトなどで締めるイメージが強いと思います。

 

ここで言う「骨盤を整える」とは、「骨盤を立てる」ということです。極端な話、ねこ背を改善させるためには骨盤が開いていてもいいのです。たた骨盤を立てることが必要なのです。骨盤が立てば、その上に脊柱が綺麗に乗ります。もし骨盤が前や後ろに倒れていれば、腰椎はそれに順応する形で前弯したり後弯したりするのです。

 

 

ねこ背になりたくなければ、ヒップアップはするな!

ヒップアップは猫背の大敵

 

女性で「ヒップアップしたい」という方がいらっしゃいます。また下着とかでもヒップアップショーツなども出回っています。ただこのヒップアップという姿勢が、ねこ背を生み出しているということをご存知ですか?

 

ヒップアップをしようとすると、骨盤は前傾します。骨盤が前傾すると写真のように腰椎が過前弯、つまり反り腰になります。人間の身体に限らず、重力の関係上どこかが出っ張ればどこかが凹むようになっていますから、反り腰になるとその反動で胸椎が後方に出っ張るのです。こうやってねこ背が作られるのです。

 

骨盤を立てる方法

 

骨盤を立てる方法について2つご紹介します。

1、骨盤が前傾している方

骨盤前傾の方が骨盤を立てる方法

 

骨盤が前傾している方は、たいてい大腿直筋が固くなっています。よってこの部分のストレッチを行なうことが不可欠になります。ストレッチ方法はこの方法です。ポイントは、「両方の膝と膝をつける」ことです。

 

2、骨盤が後傾している方

 

骨盤後傾の方が骨盤を立てる方法

 

骨盤が後傾している方は、大腿後面であるハムストリングスが固まっていることが多いのです。よって太ももの裏側を伸ばすストレッチを行ないます。ただお手軽な方法として、「座ったまま膝を伸ばして前屈する」と良いと思います。オフィスでも簡単に行なうことが出来ます。

 

まとめ

ねこ背にならないようにするためには、骨盤を立てることが大切です。イスに座るときも電車で立っているときも、長時間同じ姿勢になりそうなときは、骨盤を立てる意識を持って頂くと、比較的ラクな生活が送れます。

 

「ねこ背は10秒で治せる!」紀伊国屋書店新宿本店週間ベストセラー第一位