背中が痛いときの確認方法

朝起きたときに背中が痛いことってございませんか?

背中の痛み

よく寝過ぎたり、変な姿勢で寝ていたりすると、背中が痛くなることがあります。

背中が痛いと、ちょっと健康オタク的な方は、

「それは膵臓から来る痛みかもよ!」

など内臓から来るものではないか、と考えてしまいがちです。

確かに背中の痛みを有する臓器として、

  • 気管支・肺(上の方に出る)
  • 胃(背中の中央部分に出る)
  • 肝臓(右側に出る)
  • 胆のう(右側に出るが、腹痛の方が強い)
  • 膵臓(左側に出る)
  • 腎臓(背中というより腰に近い部分)
  • 子宮(腰・仙骨付近)

 

が挙げられます。

お腹の痛み

 

しかし背中の痛みの8割は、

 

「筋骨格系の痛み」

 

つまり、筋肉のコリからくる痛みである可能性が高いのです。

 

でも素人では、この背中の痛みが何か、分かりづらいですよね?

ここで少し目安をお伝えしておきます。

 

  1. 背中が痛いときに、「転んだ」「ぶつけた」「捻った」「くしゃみを思いっきりした」などの要因がないか確認する
  2. その方が60歳以上かどうか確認する(年齢が上の方は、骨粗鬆症による圧迫骨折の疑いもあるため)
  3. 身体を動かして痛みが増すのかを確認する
  4. 前日食べ過ぎたり飲み過ぎたりしていないか確認する
  5. 内臓が痛い場合は、患部付近を叩いたときに中にズーンと響く

 

 

その他に背中の痛みとして考えられることはたくさんありますが、たいていこのパターンに当てはまるものです。

 

ちなみに背中の痛みの大半が、筋肉の固さが原因です。

 

筋肉が固い原因とは、

 

  • 猫背
  • 体幹のねじれ
  • 背骨のゆがみ
  • 背骨の詰まり

 

が挙げられます。

 

猫背

 

 

つまりこれらを改善することで、変な背中の痛み・違和感から解放されるのです。

 

もし背中の痛みがある場合、宮前まちの整骨院ならこういう施術を行ないます。

 

1、背中の痛みの場所と原因を見極め、まずは背中の痛みを誘発している筋肉を緩めていきます

※マッサージで改善する場合もありますし、特殊電気治療や鍼等も有効です。

 

2、痛みが落ち着いてきたら、「猫背矯正」など根本治療を行なっていきます。

 

3、日常生活で背中が痛くなるような要因のある方(デスクワークなど)は、その改善運動を行なう。

 

こうやって治します。

もちろんこういうアイテムを使うこともかなりプラスに働きます。

宮前まちの整骨院代表

一般社団法人日本施術マイスター養成協会 代表理事

小林篤史考案
「背すじのびのび枕」

背すじのびのび枕

 

少しでも「内臓の痛みかも・・・」と感じたら、内科への受診をお勧めします。

※疾患により、オススメの内科もご紹介しています。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

背中の痛みは、自律神経の不調の可能性もあります。

宮前まちの整骨院では、身体の本当の調子を診るために自律神経の検査も行なっています。

>> 自律神経検査

 

〜患者様が最後に選ぶ整骨院〜

川崎市宮前区宮前平 東急田園都市線宮前平駅徒歩6分

宮前まちの整骨院・宮前まちの鍼灸マッサージ院

公式サイトはこちらです。

>> 宮前まちの整骨院・宮前まちの鍼灸マッサージ院