こめかみの頭痛は、こうすれば治る!

 

最近ご来院される方の中で多い症状として、

 

「頭痛」

 

があります。

 

 

頭痛

 

特に頭の横の部分を痛いとおっしゃられるケースが多いのです。

 

 

これを皆さんは

 

「偏頭痛(片頭痛)」

 

と表現していらっしゃいます。

 

 

ちなみに「偏頭痛」とは、

>>片頭痛は、片側あるいは両方のこめかみから目のあたりにかけて、脈を打つように「ズキンズキン」と痛むのが特徴です。ひとたび痛み出したら、4~72時間続きます。

※「スッきりんのバイバイ頭痛講座」より抜粋

 

しかし脈を打つようなものでもないしなあ・・・というときってございませんか?

 

 

そんなときはたいてい首から来る頭痛であるケースが多いのです。

 

 

イラスト1_正常な頸椎

図1、正常な頚椎の配列

 

 

正常な頚椎の場合、図1のように正しいキレイな配列になっています。

 

このときの支持筋と呼ばれる筋肉の配列が図2になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イラスト2_正常な頸椎と筋肉

図2、正常な頚椎の支持筋

 

頚椎と頭(後頭骨)を結ぶ筋肉である「後頭下筋群(こうとうかきんぐん)」と1つずつの背骨と背骨を結ぶ筋肉である「回旋筋」はこのように着いています。

 

※私は便宜上これらの筋肉を、身体を支える働きがあることから「支持筋」と呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イラスト3_歪んだ頸椎

図3、典型的な歪み方をした頚椎

 

 

もしこの頚椎が歪んだ場合、図3のような形になっているケースがほとんどです。

 

つまり後頭骨が右側に回旋し、一番上の頚椎もそれにつられて右側にずれます。

 

ただその下の頚椎はバランスを保とうとして逆側に動く傾向があるのです。

 

この図に筋肉を当てはめてみましょう。

 

 

 

 

 

 

イラスト5_歪んだ頸椎と筋肉+矢印

図4、頚椎が歪んだときの支持筋のズレ

 

図4ではこのときに支持筋がどう歪むのかをイラストで示したものです。

 

筋肉の形がいびつになります。

 

しかもこの筋肉は支えるのが仕事ですので、この状態においてでも一生懸命頭の重さを支え、身体のバランスを整えているのです。

 

これではこれらの筋肉も他の筋肉より、疲労しますよね?

 

 

 

 

 

その疲労が蓄積し、コリとなって慢性化し、さらのその症状が続くと頭痛となって現れるのです。

 

 

たいていこの手のパターンのものは、こめかみなどの側頭部に痛みが出てくるケースがほとんどです。

 

私たちはこの側頭部の頭痛の場合、

 

========================

○頚椎のゆがみを取り除く

>> するとたいてい支持筋のコリがよくなります。

 

 

もしこれだけで頭痛が抜けない場合は、

 

○こめかみの筋肉を緩めます。

 

そして最後に

 

○頭痛が再発しないように、姿勢を整えます。

==========================

 

 

こめかみ付近の頭痛でお悩みの方は、一度ご相談下さい。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

背中の痛みは、自律神経の不調の可能性もあります。

宮前まちの整骨院では、身体の本当の調子を診るために自律神経の検査も行なっています。

>> 自律神経検査

〜患者様が最後に選ぶ整骨院〜

川崎市宮前区宮前平 東急田園都市線宮前平駅徒歩6分

宮前まちの整骨院・宮前まちの鍼灸マッサージ院

公式サイトはこちらです。

>> 宮前まちの整骨院・宮前まちの鍼灸マッサージ院