その疲れやすさ、自律神経が乱れているサインかも?

「自律神経」という言葉を聞いたことはありますか。

最近メディアなどでもよく耳にすることが増えましたね。

 

当院にいらっしゃる患者様も、「聞いたことはある」と答える方がほとんどです。

しかし、実は自律神経が何をしているかは知らないという方が多いのも事実。

今回はわたし達の生活に大きく関わる自律神経についてご紹介します。

 

 

自律神経とは

だらける

自律神経とは、わたし達が普段意識していない部分を調節してくれている神経です。

 

例えば、ご飯を食べると身体は自然と消化をし、栄養を吸収しますよね。

暑いときには汗をかき体温を下げ、寒いときは鳥肌になり震えを起こすことで体温を上げようとします。

また、運動をすると心拍数が上がったり、眠いときには手が暖かくなるのも自律神経の働きです。

 

これらを「よし!やるぞ!」と自分で意識しながらおこなうのは難しいとされています。

自律神経は無意識の範囲で身体の中をコントロールし、わたし達の身体のバランスを取ってくれているのです。

 

そしてこの自律神経は、交感神経副交感神経の2種類に分かれます。

 

 

交感神経と副交感神経

活動時には交感神経が、そして休んでいる時には副交感神経が働いています。

このどちらかが活動しすぎていたり、働きが落ちてしまっていると、二つのバランスが崩れ身体に様々な不調が出ます。

 

また、多くの臓器には交感神経と副交感神経の両方が伸びており、反対の動きをしてくれています。

 

食事

例えば、胃腸は消化をするときに活発に動きます。

これは活動時に働く交感神経と、休むときに働く副交感神経とではどちらの方が活発になることで行われると思いますか。

 

答えは、副交感神経です。

消化器官の活動は、副交感神経が働いているリラックス時(例えば睡眠時)に促進されます。

「寝る前に食べると太る」というのは、睡眠時には副交感神経の活動が優位になることで消化器官がよく働き、栄養の吸収がよくなるためなのです。

 

逆に交感神経は、例えばスポーツをしているときに働きます。

すると、消化活動よりも筋肉などに血を回さなくてはいけないため、臓器に送る血液量を減らし、身体を動かすための筋肉に送る血液量を増やします。

反対に、ゆったりと過ごしているときや、寝ているときは筋肉はそんなに動かさなくていいため、臓器を働かせ消化を促すなどのバランスを取って、私たちは生活しています。

 

 

自律神経はどんなことで乱れる?

歯を食いしばる

自律神経は先ほどもご説明した通り「無意識の部分で身体を調節してくれている器官」です。

では一体どんなことで乱れるのでしょうか。

 

ストレス

自律神経が乱れる原因の1つ目はストレスです。

私たちの身体は、ストレスを感じると副腎皮質ホルモンやアドレナリンというホルモンが副腎皮質から分泌され、交感神経を活発に働かせます

これがたまにあるくらいであれば問題ないのですが、過度のストレスやストレスを受け続ける状況になると交感神経ばかりが働いてしまい、しっかりと身体を休められなくなってしまいます。

 

すると交感神経と副交感神経のバランスが乱れ身体にさまざまな不調が出てきてしまうのですね。

また、ストレスと言ってもいくつかの種類があります。

もちろんよく想像させる対人関係などもそうですが、好きなことであったとしても働きすぎは身体にとってストレスとなります。

他にも季節による気温の変化や湿度の変化、雨や天候などもストレスになります。

季節の変わり目に体調を崩しやすいのは、朝晩と日中との寒暖差が激しいと体温調節にばかり自律神経が働くため他のストレスに対応しきれなくなりバランスが崩れてしまうからです。

 

人によっては騒音や光などもストレスに感じる場合があるため、どんなことが自分にとってストレスになるのか自分で把握しているといいかもしれませんね。

 

 

生活リズムの乱れ

皆さんは、つい寝るのが遅くなり睡眠不足になっていたり、食事を摂らないときがあったりしませんか。

また、もし食事をきちんと摂っていても栄養バランスが悪くても自律神経が乱れる原因になります。

 

お仕事の都合で昼夜が逆転している、夜勤がある、または新作ゲームの発売でほとんど寝ずにゲームをしてしまうなどなど・・・。

そういったことでも自律神経は乱れ、身体のバランスが保てなくなったりします。

 

 

姿勢の乱れ

猫背を想像してみてください。

背中は丸まり、筋肉はガチガチ、首肩の凝りや腰痛にひどく悩まされている方もいます。

 

自律神経だけでなく、筋肉を動かす運動神経や感覚を脳に伝える感覚神経も背骨の際から出てきます。

そのため、背中が丸まり、背中周りの筋肉がガチガチに固まるとすぐ近くにある神経の働きを邪魔する場合があります。

そのうえ、姿勢が悪いとそれだけで血流が悪くなる部分が出てきたり、お腹が潰されるような姿勢になれば内臓の働きが悪くなることもあり、自律神経の調節機能だけでは調節しきれなくなって不調に繋がる場合も少なくないのです。

 

 

自律神経を整えるために

 

ストレスを溜めこみすぎない

先ほどもご紹介したとおり、ストレスにはさまざまな種類があります。

まずは自分がいったいどんなことに対してストレスを感じているのか考えてみましょう。

 

苦手な人がいたりすることももちろん、その他にも天候が悪くなることで頭痛や倦怠感が出たり同時に気分も落ちてしまうという方もいます。

趣味や仕事も好きなことだから頑張れているけど正直疲れは溜まっている意識がある・・・。

自分がどんな状態なのかを自分で理解し、「あぁ、自分はこれが嫌なんだなぁ」と客観的に見れるだけでもストレスのかかり方は変わってきます。

また、もしそのタイミングが多いのであれば、同時期にリラックスしたり楽しいことをする予定を意識的に入れて

バランスを取ることもできるのでおすすめですよ。

 

 

生活リズムを整える

睡眠不足やきちんと三食とれていない、食事のバランスが偏っている・・・

心当たりのある方は少し意識してみてください。

 

睡眠はゴールデンタイムと言われる22時~2時に寝れているのが理想ではありますが、正直なかなか難しいという方も多いと思います。

そのため、できるだけ0時をまわる前には布団に入っていられるよう意識をしてみましょう。

「無理だよ」と思われる方もいると思いますが、22時に帰宅しても、0時までは2時間あります。

ぜひ挑戦してみてください。

 

 

姿勢を正す

姿勢の乱れは、血流を悪くし身体の疲れが取れにくくなる大きな原因になります。

先ほどあった背中まわりの筋肉の張りも血流の悪さも自律神経の乱れに大きく関与します。

 

ここで、背中まわりの筋肉の張りや血流の悪さを解消するために、おうちで簡単にできる「背すじのびのび枕」を使ったセルフケアをご紹介します。

 

①背中の一番丸まるところより少し下に背すじのびのび枕を入れ、仰向けに寝転がります。

②バンザイをして背中を伸ばしましょう。30秒

 

まとめ

  • 自律神経とは「私たちの意識とは関係なく身体の調節をしている器官」
  • 自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが崩れると身体の不調に繋がる
  • 乱れる大きな原因はストレス、生活リズムの乱れ、姿勢の悪さ
  • 自律神経を整えて、身体の不調をなくしましょう!